すっきりフルーツ青汁のケールについてウンチク語ります

果物や野菜の中にはスーパーフードと呼ばれるほど栄養たっぷりでエネルギッシュなものもたくさんあります。
風邪をひいたり、肌トラブルにとらわれない人がいます。なんだか体も軽くて、調子もよさそうです。

そのわけは毎日摂っている野菜に関係があります。野菜ひとつ食べるにしてもなんとなくでなく意識してみるとまっともっと違った効果が得られます。

かぼちゃには紫外線から身を守るベータカロチンが含まれてます。またビタミンEが豊富で血液の流れをよくしてお肌の新陳代謝を高めてくれます。かぼちゃの種にはコレステロールを下げるリノール酸がふんだんに含まれていて、骨の発育を助けるマンガンや、味覚を正常に保つ亜鉛もおおく含まれています。

アボガドにはダイエット中に効果てきめんなミネラル、ビタミンCや食物繊維の他にもカリウムが大く入っています。カリウムには普段の食生活で取り過ぎになりがちな塩分を排泄する働きがあります。

もし今これを読んでいるあなたがむくみを感じているのなら、むくみの原因である塩分(ナトリウム)を体内から出すためにアボカドを食べてみるのもよいかもしれません。ノンコレステロールなのもうれしいですね。

包丁で切ったら涙が止まらなくなってフライパンで炒めたら甘くなる玉ねぎ。この玉ねぎの着眼すべき点は硫化アリルが含まれているうことです。硫化アリルには善玉コレステロールを増やして、悪玉コレステロールを増やす効果があります。さらに硫化アリるに含まれるアリシンという成分には、ウイルスから身を守ってビタミンB1と結合して、ビタミンの吸収を高める効果があります。発汗促進や解熱効果もあるので風邪薬にもなります。

すっきりフルーツ青汁に含まれるケールはビタミンやカルシウムなど女子にうれしい栄養が全て含まれています。ただ、もう少し手軽に買えるようになってくれれば….と思います。ケールは青汁の粉末として使われることの多い野菜です。ちなみに粉末でもなく、生で食することも可能です。

ケールに含まれるカルシウムは牛乳の2倍以上。ビタミンAはニンジンの2倍。食物繊維量はトマトの3.7倍。ビタミンCはいちご以上、ベータカロチンはピーマンの7倍、ポリフェノールは100グラム中257㎎と野菜の中で際立っています。

ケールは緑の部分が多くて野菜を食べている感を満たしてくれます。菜物だけど、実はアブラナ科のキャベツの仲間で、とってもいい歯ごたえがあります。